• ホスティングで専有型を選ぶ

    サーバーをすべて使い切れるホスティングサービスの専有型ですが、共用型に比べてサービスによっては10倍以上高い価格設定されていることもあり、利用にあたっては詳しくチェックすることが必要ですが、企業の多くが採用してきています。

    専有型のホスティングサービスを利用する理由はいくつかあり、1つはリソースの最適化です。メモリやCPUがすべて使えますのでグループウエアやウェブサービスなど負荷を重くしても問題ありません。
    もちろんサーバースペック以上は使えないのですが、提供されるサーバースペックは大変大きいものであり、多くのサービスで問題なく動作します。

    特徴のあるNAVERまとめのことなら、こちらをご参考にしてください。

    2つめは管理者についてです。

    アプリケーションが利用できる体制が整っているだけではなく、OSや各種アプリケーションの設定が自動化されます。また、人の手による設定や管理も行われているので管理者を雇ったかのように利用できるのが特徴です。



    ハードウエアの障害対応も素早く24時間体制なので安心して利用できます。

    3つめはバックアップです。
    共用型ではオプションであることが多いのですが、自動バックアップや世代バックアップをとってくれます。

    場合によってはテープなども利用できるオプションまで用意されています。ホスティングサービスは管理面を委託できるサービスですが、ハードウエア障害以外の電源やネットワーク断絶などにも素早く対応するなど、サーバーを24時間365日稼働できる体制が整えられているのが最大のメリットといわれています。